記事詳細

イチローの師匠「巨人は思いきってOB・落合博満氏を監督に」

 7回まで完全試合ペースでDeNAにリードされ、なんとか1点は返したものの完敗し、借金が今季最多の8に膨らんだ9月19日。巨人の高橋由伸監督(43)は、試合後の恒例となっている会見を、監督就任して以来初めて拒否した。優勝の可能性は消え、CS進出を逃す可能性も出てきたが、巨人の山口寿一オーナーからは、すでに続投が示唆されている。球界OBからは、巨人だけでなく、高橋監督のこれからを心配する声もあがっている。

 巨人をはじめ4球団でコーチを歴任し、オリックスの二軍コーチ時代にイチローの「振り子打法」を指導したことで知られる河村健一郎氏(70)も、高橋監督の将来を心配する。

 「巨人にとって4年間も優勝から遠ざかるのは大事件。高橋監督にはいずれまたチャンスを与えるということで、一度ユニフォームを脱いだほうがいいと思う。このままでは高橋監督が傷つくだけです。生え抜き監督という伝統がありますが、ここは思い切って、(中日から移籍してきた)OBの落合博満氏を監督に据えたらどうでしょう。実績ある落合監督で一度チームをリセットして勝ちグセをつけた後、高橋監督を含めた生え抜きに“大政奉還”するのも一案だと思う」

 中日の正捕手として活躍したライバル球団OBの木俣達彦氏(74)は、高橋采配を「誰でもやりそうな野球。面白みがなく客は呼べない」と一蹴した。

 「横綱相撲ならいいが、弱いのに正攻法ではね。高橋監督の続投は、松井秀喜を監督に迎えるまでの“つなぎ”じゃないですか。巨人の内部事情はわかりませんが、名古屋からだとそんな感じにしか見えませんよ」

 ※週刊ポスト2018年10月5日号

NEWSポストセブン

関連ニュース