記事詳細

「前略、高橋由伸様」最も嫌われた夕刊フジの“出禁”記者が最後に送るメッセージ「あなたの最大の不幸は…」 (1/3ページ)

 巨人は3日、就任から3年連続で優勝争いに絡めなかった高橋由伸監督(43)の退任を発表した。球団は来季続投を希望していたが、本人が辞意を申し入れた。就任当初から巨人担当として高橋巨人に密着し、忌憚ない報道姿勢ゆえに指揮官から最も嫌われ、実は今年2月初旬から“由伸限定出禁”を言い渡されていた本紙記者が別れのあいさつを申し上げます。(笹森倫)

 前略、高橋由伸様。

 ついにこの日がやってきてしまいました。最後の最後まで、あなたが辞任を決断するに至った心境を語る姿や肉声に、直に触れられず残念です。

 春季キャンプが始まって間もない2月4日。広報担当者からサンマリンスタジアム宮崎の一室に呼び出され、監督の会見や囲み取材に入るべからずと通達を受けました。

 誤報や名誉毀損にあたる記事ならば、すぐさま謝罪や訂正をして取材規制を解くために対応しますが、処分の理由は「球団にとっていかがなものかと思われる内容だから」。キャンプ前恒例の宮崎神宮への参拝を取りやめたり、初日の青島神社参拝に荒天でも詰めかけたファンを顧みず車で駆け抜けたりして、地元民を悲しませていると報じたことが、反感を持たれたようです。伝統球団しか持ち得ぬ価値を軽んじることは看過できず、報道に値すると私は考えていますから、対処をしようにも平行線をたどるしかありません。

 それでも最低限の誠意は示そうと、監督が練習場まで1人で毎朝ジョギングをしていることを知り、待ち伏せして1対1でお話させていただきましたね。男同士の約束なので会話の内容は伏せますが、その後周囲に「謝りに来たと思ったのに、あれが一番むかついた」と吹聴していると聞き、心底ショックでした。

関連ニュース