記事詳細

森保ジャパン、FW北川を緊急招集 香川にはお呼び掛からず… キリンチャレンジ杯 (1/2ページ)

 サッカー日本代表は8日、今月のキリンチャレンジ杯(12日、パナマ戦=新潟、16日、ウルグアイ戦=埼玉)に向けた合宿を新潟でスタートさせたが、いきなりFW小林悠(31)=川崎=とFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=が故障で離脱。代わりに初代表となるFW北川航也(22)=清水=とFW川又堅碁(28)=磐田=の追加招集が決まった。

 深刻なのは、事ここに至ってもお呼びが掛からないMF香川真司(29)=ドルトムント=である。

 森保一監督(50)は今回、W杯ロシア大会の主力からDF長友(ガラタサライ)、MF柴崎(ヘタフェ)、FW大迫(ブレーメン)らを招集。若手中心だった9月のキリンチャレンジ杯メンバーと融合させ「どういう化学反応が起きるか見てみたい」とコメントしている。

 W杯ロシア大会に出場した海外組で、いま胸を張って所属チームで主力といえるのはDF長友くらい。柴崎もFW原口(ハノーバー)も開幕後構想外が続いているが、森保監督は招集した。

 それでも香川の名前はなし。左足首を痛めていたのは事実だが、今月6日のブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦終了後、本人が「足首はもう大丈夫です」と現地の報道陣に断言している。

関連ニュース