記事詳細

金本監督が退任へ 阪神、17年ぶり最下位

 プロ野球セ・リーグで17年ぶりの最下位に沈んだ阪神の金本知憲監督(50)が11日、成績不振の責任を取り、就任3年目の今季限りで退任することが11日、分かった。

 現役時代に阪神の2度のリーグ制覇に貢献した金本監督は、2016年から指揮。1年目は4位、昨季は2位で進んだクライマックスシリーズのファーストステージで敗れた。

 複数年契約を結び直して臨んだ今季は苦戦。大砲として補強したウイリン・ロサリオ選手が不振で、9月に主力がけがで離脱したのも痛かった。

 金本監督は俊足強打の外野手として、広島・広陵高、東北福祉大を経て1992年に広島入団。2003年から阪神でプレー。同年のリーグ制覇を支え、05年はリーグ最優秀選手に輝いた。通算2539安打、476本塁打、1521打点。ことし野球殿堂入りした。

関連ニュース