記事詳細

元貴乃花親方が激白 政界進出「ありません」と一蹴 妻・景子さんとの離婚説には… (1/2ページ)

 政界進出は否定した。日本相撲協会から退職した元貴乃花親方の花田光司氏(46)が11日のテレビ朝日系『ワイド!スクランブル』に出演し、約30分にわたって思いの丈を語った。

 旧貴乃花部屋が九州場所中の宿舎や稽古場として使っていた福岡県田川市の施設でインタビューに応じた花田氏は、吹っ切れたような表情。

 今月4日には突如衆院議員会館の馳浩元文科相(57)の事務所を訪れ、すわ出馬要請かと騒がれたが、花田氏は「(政界進出は)ありません。じっくり、のんびり、まったりと地域交流というのが、以前からの私の方針。それができないことは今後は全くやろうとは思っていない」と一蹴した。

 その知名度から、来夏の参院選に出馬すれば100万票獲得間違いなし、などと周囲はヒートアップの一途だが、本人は「(騒がれるのには)慣れている」と苦笑を浮かべるばかり。

 将来的に相撲を通じた地域交流という青写真を描いており、地域ごとの相撲大会創設へ向けて、経済界の重鎮から好感を持たれていることをほのめかす場面もあった。

 慌ただしく千賀ノ浦部屋に移籍した旧貴乃花部屋の所属力士たちについては「私の心配より期待の方が大きくなるように活躍してもらいたい。寂しいとは思いましたが、ただ寂しさだけでは土俵に上がれないので、それを強さに変えるように送り出しました」という。

関連ニュース