記事詳細

【須藤豊のいごっそうが斬る】広島、挽回には打順変更も一案 日本シリーズ、問われる監督の“直感力”

 短期決戦は、いかに流れを自軍に引き寄せるかがポイントだ。一番怖いのがボーンヘッド(つまらないミス)。そして、監督の“直感力”が問われる。

 第5戦で広島にとって痛かったのは、1点リードの5回の守備。ヘルウェグは1死満塁で柳田を投ゴロに打ち取ったが、ボールを握りきれず、ホームへ送球できずに同点を許し、一塁に送球してアウトカウントを増やすのが精いっぱいだった。本来なら併殺も狙えたはずで、その後の展開を考えると、なおさら悔やまれる。

 ソフトバンクの工藤監督の直感が働いたのは、同点の8回の守備だった。2死走者なし、8番・会沢を打席に迎えたところで、右アンダースローの高橋礼を降板させ、石橋をたたいて守護神・森を投入。見逃し三振に仕留めた。延長戦も視野に入れ、森には余計な負担をかけず9回アタマから登板させたいところだったが、6回に武田が会沢に1発を浴びていたこともあって、嫌な予感が走ったのだろう。

 結果的に、シリーズの流れは大きくソフトバンクに傾いた。広島は本拠地に戻るとはいえ、この劣勢を挽回するのは容易ではない。緒方監督としては、たとえば打順を変えるなど目に見える手を打つ必要がある。

 前日に自打球を右足に当て、この日3三振と精彩を欠いた菊池の打順を下げ、ラッキーボーイの安部あたりを上位に持ってくるのも一案だと思う。(夕刊フジ評論家・須藤豊)

関連ニュース