記事詳細

大谷が大リーグ新人王 日本勢17年ぶり4人目の快挙

 米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑んだ大谷翔平(24)が12日、今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に選出された。日本選手で1995年の野茂英雄投手(ドジャース)2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙となった。

 大谷はプロ野球日本ハムからポスティングシステムでエンゼルス入り。ベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でプレーし、投手で10試合に先発して4勝2敗、防御率3・31。打者では104試合で打率2割8分5厘、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」はメジャー史上初だった。

 新人王は全米野球記者協会会員の投票で決定。最終候補は3人で、大谷はミゲル・アンドゥハー内野手(23)、グレイバー・トーレス内野手(26)のヤンキース勢を抑えての受賞となった。