記事詳細

「こういう賞を受賞できたのは光栄なこと」大谷、大リーグ新人王に 野茂、佐々木、イチローに続く…日本選手17年ぶり快挙! 米紙も賛辞「二刀流でスターになれると証明」 (1/3ページ)

 米大リーグ、ア・リーグの最優秀新人(新人王)が12日(日本時間13日)に発表され、最終候補3人の中から、エンゼルスの大谷翔平投手(24)が選ばれた。日本選手では1995年の野茂英雄投手(ドジャース)、2000年の佐々木主浩投手、01年のイチロー外野手(以上マリナーズ)以来、17年ぶり4人目の快挙。ベーブ・ルース以来1世紀ぶりの投打の二刀流への挑戦が高く評価された。

 大谷は投手で10試合に先発して4勝2敗、防御率3・31。打者では104試合で打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」はメジャー史上初だった。

 最終候補に選ばれたのは大谷と、ヤンキースのミゲル・アンドゥハー三塁手(23)、同じくヤンキースのグレイバー・トーレス二塁手(21)。

 全米野球記者協会(BBWAA)所属の記者計30人が、1~3位の順位を付けて投票し、1位5点、2位3点、3位1点の総得点で決定された。投票はレギュラーシーズン終了時に行われた。

 〔1〕大谷は1位票25、2位票4を獲得し計137点。〔2〕アンドゥハーが1位票5、2位票20、3位票4で計89点。〔3〕トーレスが2位票3、3位票16で計25点。圧勝だった。

 大谷は大リーグ公式サイトのネット中継で、「1年目に賞を獲れたのはうれしい。応援してくれた人もうれしいと思うのでよかった。(イチローは)子供の頃からの憧れだった。(二刀流について)高校を卒業したときには投手かなと思っていたが、なかなか難しいかと思ったが打者も楽しくて続けてきた。(今季の満足度は)数字だけ見れば打者としての方がよかったが、大事な時期に投手として抜けてしまったのが心残り」と話した。

関連ニュース