記事詳細

日本ハム・ドラ1吉田にプロの洗礼 年俸上限1500万に届かず…スカウト部長「足りない部分がある」 (1/2ページ)

 今夏の甲子園を沸かせ日本ハムにドラフト1位指名された金足農・吉田輝星投手(17)に、厳しい現実が突きつけられた。15日に秋田市内で入団交渉を行い仮契約を結んだが、契約金1億円、年俸1000万円(推定)。初年度年俸上限の1500万円には届かなかった。

 同じ高卒でも昨年のドラフト1位・清宮幸太郎、2012年の大谷翔平、07年の中田翔らは、上限の契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円でプロ入り。今年のドラフトでも、中日に1位指名され4日に仮契約した大阪桐蔭・根尾昂内野手は上限いっぱいだった。

 そこは、根尾を抽選で外したあとの“外れ1位”という現実がある。吉田も“外れ1位”としては破格の高条件といえる。

 交渉を担当した大渕スカウト部長は「1番に指名したわけではないし、球団として『足りない部分がある』という評価は金額にあらわれている」と晴れの席としては厳しめに言明した。

 「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(12月3日発表)の候補30語に「金足農旋風」が入ったように、吉田の知名度、人気は抜群だが、勘違いをさせないようにという親心といえるかもしれない。

関連ニュース