記事詳細

平成を代表する日本のスポーツ選手ランキング (1/2ページ)

 もうすぐ平成という一つの時代が終わろうとしています。平成という約30年間にはさまざまなスポーツ選手が活躍し、多くの人に感動を与えました。

 そこで今回は、平成を代表する日本のスポーツ選手について探ってみました。

 1位 イチロー
 2位 羽生結弦
 3位 浅田真央
 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位は「イチロー」!

 日本のプロ野球、そしてメジャーリーグにて長きに渡り活躍しているイチロー。プロ野球における通算安打世界記録保持者であり、最多試合出場記録保持者でもある彼は、今までに国内外で数々の偉業を成し遂げてきました。

 アメリカでも高く評価されており、現在所属しているシアトル・マリナーズの会長付特別補佐に就任し、“生涯契約”という異例の契約を結び話題になりました。

 デビューから45歳になった現在まで、日本の野球をけん引し、野球界を彩ってきたイチローが1位となりました。

 2位は「羽生結弦」!

 2014年ソチ五輪、2018年平昌五輪の2大会連続金メダルを獲得したフィギュアスケート選手の羽生結弦。23歳という若さで五輪2大会連続金メダルという日本人男性初となる快挙を成し遂げました。

 今年五輪後に仙台で行われた凱旋パレードにはなんと約10万8,000人もの人が羽生結弦を一目見ようと集まったそう。先日開催されたGPシリーズ第3戦フィンランド大会では、ショート、フリー、合計にてルール改正後の世界最高得点を記録。ワールドレコードをそうなめにしました。

gooランキング

関連ニュース