記事詳細

巨人・原監督、ナカジ溺愛 背番号、開幕1軍確約…特別待遇だらけ (1/2ページ)

 オリックスから自由契約となっていた中島宏之内野手(36)が22日、巨人との契約に合意。入団会見に同席した原辰徳新監督(60)は、歳月をかけて円熟させた“ナカジ愛”をほとばしらせた。

 入団交渉で即断。年俸1億5000万円の1年契約を結んだ中島は、東京ドームでの会見で満面に笑みを浮かべ、巨人入りの決め手を語った。

 「原監督の言葉、それだけです。『いいときも悪いときも一緒に助け合って戦おう』、『一緒のタイミングで入団して一発やってやろう』という思いを伝えてもらった」

 まるでプロポーズだ。今オフに中島が野球協約の制限を上回る減額提示を拒み、オリックス退団を決断すると「真っ先に自分の気持ちを伝えた」と原監督は明かした。

 「中島選手…、僕はいつも『ナカジ、ナカジ』と(呼んできた)。他球団であっても、なぜか人なつこい彼と会って話すのが楽しみで。メジャーに行ったときもメール、電話で『頑張れ』という間柄」。西武時代の中島に対戦相手でも惜しみなく助言を送り、日本代表を率いた2009年のWBCでは、経験のない2番打者に据え大会連覇。10年以上の相思相愛の末、「同じチームの一員になったことは大変満足」と顔を紅潮させた。

関連ニュース