記事詳細

西武、雄星マネーつり上げ…頼みはボラス氏の“剛腕”交渉 新制度で譲渡金目減り (2/2ページ)

 頼みの綱は、代理人のスコット・ボラス氏だ。米メディアはマリナーズが6年総額6000万ドル(約66億円)を用意していると報道。新制度だと譲渡金は約13億円になるが、ボラス氏は粘り強く球団から高額を引き出すことで有名だ。西武は“ボラスよ、もっと頑張れ”の心境だろう。

関連ニュース