記事詳細

メジャー挑戦か五輪か 西武・秋山、揺れる男心 進次郎議員に進路相談!?

 「その気持ちがなければ、複数年契約の話を受けている」

 順調なら来季中に海外FA権を取得する西武・秋山翔吾外野手(30)は24日、出身地の神奈川県横須賀市での野球教室に参加し米大リーグ移籍への思いを語った。

 3日の契約更改で球団から提案された複数年契約を断り、来オフ移籍の選択肢を残している。

 この日は横須賀市出身の小泉進次郎衆院議員(37)も駆けつけ、秋山を「もしかしたら、将来メジャーにもね。勝手な想像ですけど、行くとなったら横須賀出身の初めての大リーガー」と盛り上げた。

 地元の強力な後ろ盾からお墨付きを得た秋山だが、イベント後には「(メジャーへの)気持ちはゼロじゃないけど、『絶対に』じゃない。まずチームが勝つためにプレーしてきたし、来年もメジャーのスカウトにアピールするためにやることはありません。それは今までの自分を否定することになる。侍ジャパンでは稲葉監督から『リーダーとして引っ張ってくれ』といわれている。稲葉監督と一緒に金メダルを取りたいのもある。そこは考えなければいけない」とメジャー移籍前提の報道にクギを刺した。

 米大リーグは相変わらず五輪への選手派遣に消極的で、メジャーに移籍すれば五輪出場は極めて難しくなるだけに、なおさら悩ましい。

 この日の横須賀は風速8メートルの風が、目まぐるしく向きを変えながら吹き荒れた。日本屈指の安打製造器の心も来年、迷い目まぐるしく向きを変えながら、進路を熟考することになりそうだ。(片岡将)

関連ニュース