記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】2度打ちはペナルティーなし

★(3)

 グリーン周りからのアプローチショットでカツ、カツーンと2度打ちになるケースがある。

 ラフに浮いた状態のボールを処理しようとしたときに、ままある出来事で、打ち込んだヘッドにふんわりと上がったボールを跳ね上がったヘッドでもう一度打ってしまうのが2度打ちだ。

 この場合、従来は1罰打で止まったところからのプレー続行であったが、新ルールでは2度打ちもペナルティーはなく、ボールは止まったところから次の1打へと続行される。

 例えばパー3のティーショットでグリーンを外し、2打目がラフからのアプローチになった場面。これを2度打ちすると、旧ルールでは次は4打目。しかし、新ルールでは3打目となる。もし、2度打ちしたボールがそのままカップインしたらバーディーとなる。

 深いラフで2度打ちの心配をしなければならなかった状況でも、新ルールの下では、勇気をもって打ち出していける。

 ただし、2度打ちでボールがあらぬ方向に飛んでいってしまうこともあるから、インパクトからフォロースルーへリストをこねるようなことはせず、左手首を固定した状態で振り抜いたヘッドを低い位置で止めるような打ち方で2度打ちを防ぐようにしよう。

関連ニュース