記事詳細

【俺とデスクの座談会】サイン入りグッズを転売… 球界にはびこる“極悪人”

 デスク「中日がホームページでファンへ向けて、転売目的でサインを求める行為を止めるように呼びかけてたな」

 記者「ネットオークションでお構いなしに売っていますよ。中日・松坂のサイン入りのキャンプ限定ユニホームが今、3万5500円で落札されました。サインボールは9750円。根尾がNPB公認球にサインしたものは5万円で落札されています」

 デスク「原価はユニホームが6000円。ボールは700円(サイン用ボール)や2600円(公認球)だから、ボロもうけだな」

 記者「他にも日本ハム・吉田輝星、万波、楽天・浅村、阪神・西ら注目選手のものを中心に、ひとりで40点以上も出展している“極悪人”がいます」

 デスク「これで選手がサインをしなくなったら、一般のファンには迷惑だよな」

 記者「“サイン小僧”は平日の昼間に駅や空港で待ち構えているので、選手も『またいつものヤツだ』と覚えていますよ。そういうヤツはSNSでさらしてやればいいのに」

 デスク「買う人も、偽物かもしれないのに、よく買うよな。何か対策はないのかね」

 記者「いっそのことサイン会とは別に、球団でサインを売って、収益をファンサービスに回せばいい。そうすればオークションで買う人もいなくなるんじゃないですか」

関連ニュース