記事詳細

坂本2位、紀平は5位 四大陸フィギュア開幕

 欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は7日、米アナハイムで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で2連覇を目指す坂本花織(シスメックス)が2連続3回転などの全てのジャンプを決め、今季自己最高の73・36点で2位につけた。

 グランプリ(GP)ファイナルで初出場優勝した紀平梨花(関大KFSC)は冒頭に挑んだ大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半となり、68・85点で5位。2017年大会覇者の三原舞依(シスメックス)は65・15点で8位だった。昨年の全米選手権女王のブレイディ・テネル(米国)が73・91点で首位に立った。

 男子SPでは昨年の平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)や田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)友野一希(同大)が演技。(共同)