記事詳細

酔っ払って? 中日・小笠原2軍監督、顔面骨折まさかの理由

 中日の小笠原道大2軍監督(45)がまさかの理由で「右眼窩底骨折」の重傷を負った。

 当初は球団から「昨晩(7日夜)、宿舎の自室内で転倒し、顔面を強打したため朝のミーティングに参加後検査のため病院へ行きました」と発表され、「酔っ払って転んだのかな?」なんて声も上がったが、額を縫った上、骨折の診断という想像以上の大ごと。関係者によると、ベッドからバランスを崩して落ち、固い床に顔面を打ちつけたという。

 小笠原監督は8日のうちに額に大きな絆創膏を貼って沖縄・読谷村の2軍キャンプに戻った。手術はせずに治癒を待つ方針。視力や脳に異常はなく、9日から練習に参加する。

関連ニュース