記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】ボール選びの前にまずは「軸を止める」 (1/2ページ)

 クラブもよくなっているが、ボールもかなり進歩した。若かりし頃、B社のボールを愛用していた。打ち出し角が低かったのだが、D社のボールを打ったらインパクト直後に視界から消えてしまうほど打ち出し角が高かったのだ。

 「何なんだ! このボールの違いは」と俺は驚きの声を上げたほどだ。「使い込めばすぐに慣れますよ」。ツアープロのボール担当者は、笑みを浮かべながらそう言った。

 順応力の高さなのか、人は、何事にもすぐに慣れてしまう。

 でも、やはりゴルフは道具よりもスイング有りきだと思う。ピッチャーが投げてきたボールを打つ野球は、いわば「動」のボールを打者がスイングという「動」で打ち返す。その点ゴルフは止まっている「静」のボールを「動」のスイングで打つ。ただ、体を回転させてのスイング動作は「動」ながら、ボールが止まっているため、「軸」はしっかり止めておかなければならない。

 打撃の神様の異名を持つプロ野球界のレジェンド川上哲治さんは、「ボールが止まって見えた」というエピソードを残している。ゴルフスイング同様にバッティングでも軸がしっかり止まっていたからこそ、そんな言葉になったのだと思う。

 軸を止める。言うは易し、行うは難しが現実だ。

関連ニュース