記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】「ペナルティーエリア」内でも無罰

★(5)

 従来ウオーターハザードとされていた池や小川などの水場は、新ルールでは「ペナルティーエリア」と呼ばれることになった。赤や黄色の杭、ラインで示される。

 境界線は、必ずしも水際には限らず、打てるスペースがあるにもかかわらずにボールがペナルティーエリアに入っていることもある。そんな場合、打てるのなら、ペナルティーエリア内でも、無罰で打っていい。

 このとき、従来は、クラブヘッドをソールすることはできなかったし、ルースインペディメントも取り除けなかった。新ルールでは、そのどちらも無罰で行うことができる。

 また、ペナルティーエリアの水に入ったボールでも、打てる状況なら従来通り、ウオーターショットに挑戦してもいい。この場合、従来はアドレスでクラブヘッドを水につけたら罰打があったが、新ルールでは無罰でできる。

 完全に水中に没してしまった場合は、境界線を横切ったとおぼしきところからアドレスをとれるボール位置をニアレストポイントとして、そこからホールに近づかずに1クラブレングスの半円状のエリアを定めてそこにドロップすることになる。

 あるいは、境界線を横切った地点とピンを結んだ後方延長線上に基点を設け、やはり半円状の救済エリアを設定する。そして、エリア内にドロップすればいい。

 もちろんドロップは、新ルール通りにヒザの高さから行うのは言うまでもない。

関連ニュース