記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】乾に“熱き”成長のあと…新天地ではアジア杯の「不満」生かすはず! (1/2ページ)

 スペインリーグのベティスからアラベスにレンタル移籍した日本代表MF乾貴士(30)が、11日のレバンテ戦で移籍デビュー。先発して前半9分のファーストタッチ直後には、華麗な“股抜きパス”を披露。ゴールこそなかったものの、シュート4本を放つなど奮闘しました。

 ボールを持ったら自ら積極的に攻撃する。そんな彼の持ち味が発揮され、監督に「使える」と思わせるのに十分だったとみました。

 今月12日、辛口が売りの評論家・セルジオ越後氏が「海外に行っても試合に出れていない選手が結構いる。これは移籍(海外組)の中に絶対入れちゃいけない」、「海外に行ったから(だけで)レベルが上がると思っている」とコメントしたところ、乾はツイッターで「半年でベティスから移籍した俺が言うのもおかしいけど、いろんな事を経験して強くなる事は絶対あるから。全部を否定しないでほしい。別に日本のリーグが悪いとは思ってない。けど、海外に出ないとわからない事はいっぱいあるから」と猛反論したとか。

関連ニュース