記事詳細

巨人・岩隈、突然のブルペン入りに宮本コーチも驚き? 原監督「中4日では放らせないよ」 (1/2ページ)

 巨人・岩隈久志投手(37)が沖縄2次キャンプ3日目の15日にようやくブルペン入りし、捕手を立たせたまま5割の力で40球を投げた。

 宮本投手総合コーチは「驚いた人~?」と報道陣に逆質問すると、自ら「ハーイ」と手を挙げ「宮本コーチ驚きました!!」。

 この日、ブルペン入りメンバーに岩隈の名前はなく、予定の全投手が投げ終わった後に登場。突然の出来事に原辰徳監督も不在で、「当初、ブルペンには入らないという感じだったけど、いいことでしょう。まだ僕の前では見せたくないみたいだね」と苦笑した。

 マリナーズでプレーしていた2017年9月に右肩を手術。昨年は1Aで3試合に登板しただけで、2年間勝利がない。宮崎1次キャンプではブルペンに入らなかったが、原監督は「“クマさん”はちゃんと逆算できていますから。信頼して時間を与えているという感じ」と実績のある右腕に調整を一任していた。

 宮本コーチは「いつごろ入ってくれるんだろうと思っていたけど、本人に任せていた。キャッチボールを見ていたら、そろそろかなと思っていたけど。われわれもホッとした」と本音をポロリ。しかし、キャンプ(28日まで)はすでに半分以上が経過しており、故障明けで、まだ本格的な投球練習とはいえない。

 首脳陣も往年のような活躍は期待していないだろうが、楽天時代から慎重なタイプ。いつごろ、どこまでペースが上がってくるのか、不安は尽きないところだろう。

関連ニュース