記事詳細

菜七子、次は米国! GI女性初騎乗で5着と健闘

 菜七子フィーバー、米国へ-。東京競馬場で17日、中央競馬の今年最初のGI「第36回フェブラリーステークス」(ダート1600メートル)が行われ、JRA女性騎手として初めてGIに騎乗した藤田菜七子(21)=美浦・根本厩舎所属=のコパノキッキングが5着と健闘した。「もっとペースが速くなってくれれば…」と菜七子は悔しさをにじませたが、検量室前で迎えたDr.コパこと小林祥晃オーナー(71)は同コンビでの米国GI遠征を示唆。この日の東京には前年比121.8%の6万1141人が詰めかけ、同レースの売り上げは151億3万8200円で同117.2%と大幅にアップ。菜七子人気は過熱するばかりだ。