記事詳細

ボクシング東洋太平洋王座戦で「1R4分」のお粗末、インターバルも…

 日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、昨年の東洋太平洋バンタム級王座決定戦で計時ミスがあったとして、関係者の処分を発表。浦谷信彰本部事務局長を厳重注意、試合を担当した小池幸弘スーパーバイザーを謹慎、越島二朗タイムキーパーをライセンスの無期限停止とした。

 問題があったのは12月24日、大阪市の住吉区民センターで行われたストロング小林佑樹(六島)-栗原慶太(一力)。規定で1分のインターバルを、5回終了後に1分16秒、6回終了後には2分2秒取っていた。6回には規定3分のラウンドを4分も続行していた。

 JBCの秋山弘志理事長は「プロボクシングの根幹に関わる極めて重大な問題であり、選手の安全管理上も看過できないものと認識しております」。

関連ニュース