記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】コンパクトに振ると飛距離が落ちる… 思い切り振れば距離も落ちない、脚が動けばインパクトも安定 (1/2ページ)

 【今週の質問】どうしても大振りになってしまうので、ジャストミートさせるために、コンパクトに振ることを心がけています。そのせいか飛距離はやや落ちている気がします。アイアンで届いたホールを今ではユーティリティーで打っています。

 コンパクトに振って、しっかりミートできるなら、それは素晴らしい。

 飛距離も落ちるということはないはずだ。小さく鋭く振って、しっかり当たるなら、方向性もいいのでそのスイングは正解である。

 ただ、飛距離が落ちてしまうということだと、そのスイングはどうだろうか。どんどん小さくなっていって、さらに飛ばなくなってくるのではないか。やはりアイアンで狙える方が楽に回れるだろう。

 当てることばかりに主眼を置いたスイングは、結局当たらなくなってくるものだ。スイングで最も大事なのは脚の動き。これは飛距離を出すためにはもちろんだが、しっかり当てるために絶対必要なのだが、当てにいくと脚が止まってくるので悪循環になる。

 脚の動きがいい人は、自然に体重の移動が起き、ダイナミックに大きなスイング弧で振ることができる。下を止めた方がブレが少なくなって正確にインパクトできる、と考えるのは全くの勘違い。スイングが小さくなると当たりも方向性も悪くなる。

関連ニュース