記事詳細

雄星、初ライブBP好調もイチローと対戦ならず

 菊池雄星(27)が米アリゾナ州ピオリアのキャンプで、実戦形式で投げる「ライブBP」に初めて登板し、17年に30本塁打を放ったサンタナ外野手ら4人を相手に30球投げた。憧れのイチロー外野手(45)との対戦は実現しなかったが、最速148キロで安打性の当たりは2本。順調な仕上がりだった。

 やや制球に苦しんだが安どの表情。変化球を交ぜて「思ったよりは良かった。コントロールの部分はあるが、最初にしては悪くないかな」。直球では2017年に22本塁打を放っている正遊撃手候補のベッカムからは空振りを奪った。

 イチローも好調で、フリー打撃で28スイングで8本の柵越えを放った。中堅左へ打ち込む打球もあった。

関連ニュース