記事詳細

大坂なおみ、まさかの初戦“惨敗” 世界1位が67位に…コーチ解任は「凶」か 改めて問われる決別の真相 (1/3ページ)

 女子テニスのドバイ選手権(UAE・ドバイ)は19日、シングルスで第1シードの大坂なおみ(21)=世界ランキング1位、日清食品=が初戦の2回戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(25)=フランス=に3-6、3-6でストレート負けを喫した。昨年9月の全米、今年1月の全豪オープンで四大大会2連勝を飾り、アジア勢初の世界1位に就いてから初のツアー大会。サーシャ・バイン・コーチ(34)と決別してから初の試合でもあったが、ミス連発で不在の影響がうかがえる内容だった。暗雲が垂れ込める敗戦に、改めて決別の真相を問う声もある。

 動きが鈍い。得意のグラウンドストロークも決まらない。

 相手のムラデノビッチは身長184センチ。昨年の全豪オープン女子ダブルスに優勝するなど、ダブルスではすでに19勝。シングルスも現在は67位だが、10位まで上がったことがある実力者だ。

 大坂は第1セットの第1ゲームをいきなりブレークされ、0-3とリードを許す。第4ゲームで初めてブレークに成功したが、ムラデノビッチは再三ネットに出て、得意のダブルスで培った技術を披露。結局大坂はミスを連発で第1セットを落とした。

関連ニュース