記事詳細

【これで納得?!2019施行新ルール】救済エリアへのドロップ方法が変更

★(6)

 ペナルティーエリアに打ち込み、救済エリアを設定してドロップしなければならなくなったとき、そのドロップ方法が変わった。

 従来は「肩の高さから」だったものが、新ルールでは「ヒザの高さから」と規定された。もし、肩の高さからドロップしたボールをプレーすると、そのままホールアウトするまで続けるが、そのホールのスコアに1罰打を加えなければならない。

 間違った方法でドロップしても、すぐに気づいて、正しい方法でドロップし直せば罰打はない。

 2018-2019シーズン中の米ツアーでも新ルールは1月からだったため、かなりの選手が、従来どおりのドロップをしようとして、それに気づいた同伴プレーヤーからの指摘で難を逃れるシーンがあった。

 間違いやすいのは、ドロップ方法だけではない。

 エリア外にドロップして転がったボールがエリア内に止まっても、それがインプレーのボールとはならない。このボールでプレーすると1罰打が課される。

 逆にエリア内に正しい方法でドロップしたが、ボールは転がってエリア外に止まった。このケースでエリア外のボールを打つと2罰打となる。

 エリア外に出てしまったら、再ドロップする。それでも転がり出るようなら、2度目のドロップでボールが最初に接地したところにプレースできる。

関連ニュース