記事詳細

思わず悲鳴! イチロー、死球受け練習切り上げ「無理しても仕方ない」

 マリナーズのイチロー外野手(45)が20日(日本時間21日)、米アリゾナ州のキャンプで、打撃練習中に右足に死球を受け、途中で練習を切り上げた。「ライブBP」と呼ばれる実戦式の打撃練習で、2010年サイヤング賞右腕のフィリックス・ヘルナンデス投手(32)と対戦。5球目のスライダーをよけきれず、右足外側のスパイクの周辺にボールが当たった。思わず悲鳴を挙げてうずくまるほどだった。立ち上がって、打席でファウルを打つなど打撃練習は続けたが、直後にクラブハウスへ引き上げた。

 「地味に痛い。無理しても仕方ない」。21日以降の練習は未定。