記事詳細

日本高野連、新潟県連の「100球ルール」認めず 竹中事務局長「方向性間違っていないが再考を」

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関する有識者会議」を4月に発足させる。

 理事会の決定を伝え聞いた新潟県高野連の富樫信浩会長は「まだ文書を受け取っていないので具体的なコメントはできないが、(球数制限は)県で機関決定しているので、何らかの形で検討をして(日本高野連に)回答したい」と不満をあらわにした。

 新潟県高野連は昨年12月、故障予防や選手の出場機会増などを目的に、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できないルールの導入を表明。公式戦で初めての取り組みに注目が集まっていた。

 日本高野連の竹中雅彦事務局長は「(新潟県高野連の)方向性は間違っていないし、球数制限を認めないというわけでもない。有識者会議でもう一度しっかり議論して、1年後には(具体的な指針を)答申していただきたい」と語ったが、何かと時間がかかる団体だ。

関連ニュース