記事詳細

西武・内海に聞いた「巨人との違いは?」 3・2オープン戦開幕先発 (1/2ページ)

 FAの人的補償として巨人から西武へ移籍した内海哲也投手(36)が新天地で初のキャンプを終え、チームの“オープン戦開幕投手”として3月2日の広島戦(佐賀)に先発することが決定。26日には西武第二で調整し、「前に練習(1月の自主トレ)して以来だったけど、ものすごいホーム感があった」とすっかり西武になじんだ様子の通算133勝左腕を直撃した。

 --西武でのキャンプを終えた感想は

 「受け入れてもらって、すごくやりやすい球団だと思いました。まだ2月だから、これからなんでしょうけど」

 --まずは好発進

 「いろいろ不安はあったけど、みんなによくしてもらって、不安は取り除けました」

 --巨人との違いは

 「それは感じなかった。戸惑いとかあると思うじゃないですか。入ってみたら(練習の)流れもほぼ一緒だった」

 --ここまでの調整は

 「去年までは早い段階で打撃投手とかをやっていたけど、ゆっくりやらせてもらっています。生活のリズムも変えていないです」

 --パ・リーグには交流戦で相性が良かったから期待が大きい

 「それは、たまたまです。相手も研究してくるでしょうし、関係ない。ずっと対戦すれば、それまでもデータもあるので難しいところがあると思います」

関連ニュース