記事詳細

イチローが無安打、2三振 平野佳寿は三者凡退

 米大リーグは27日、各地でオープン戦が行われ、マリナーズとマイナー契約のイチローがアリゾナ州グッドイヤーでのインディアンス戦に「7番・右翼」で先発出場し、3打数無安打、2三振だった。六回の守備から交代し、チームは5-6で敗れた。

 同僚の菊池はブルペンで34球を投げた。

 ダイヤモンドバックスの平野は韓国プロ野球NCとの練習試合に救援で登板し、1回を三者凡退とした。

 右肘手術の影響で今季は打者に専念するエンゼルスの大谷はティー打撃や、ブルペンで同僚投手相手の目慣らしを行った。

 ヤンキースの田中や、カブスのダルビッシュ、同僚でマイナー契約の招待選手の田沢はキャッチボールなどで軽めに調整した。(共同)