記事詳細

「3タコ」イチロー大丈夫か? オープン戦7番・右翼で先発

 マリナーズのイチロー外野手(45)は27日(日本時間28日)、インディアンスとのオープン戦に「7番・右翼」で先発出場したが、3打数無安打、2三振。期待に応えられず6回の守備から交代した。オープン戦通算8打数1安打。

 右翼守備は昨年4月22日のレンジャーズ戦以来。2回無死二塁から2球目を打って浅い中飛。3回の第2打席、6回の第3打席はともに空振り三振だった。

 昨年暮れ、ベテランを大量放出したマリナーズ。今季の優勝争いを諦め、2020年以降の巻き返しを図っており、「30代の選手は、キャンプ中か開幕後にトレードされる可能性が高い」と同日、シアトル・タイムズ紙が報じた。昨年12月、インディアンスから加入した通算380本塁打のエンカナシオン(36)もその対象で、イチローも例外ではないようだ。