記事詳細

楽天・則本、右肘手術で開幕絶望 石井GM「慢性的なもの。本人のために行う」

 楽天の石井一久ゼネラルマネジャー(GM)は8日、則本昂大投手(28)が右肘のクリーニング手術を11日に受けると明らかにした。

 則本昂は2月23日の巨人とのオープン戦に先発予定だったが、首の寝違えで急遽(きゅうきょ)登板を回避していた。今月に検査を受けて右肘に損傷が見つかった。全治は手術後に発表されるが、開幕は絶望となった。

 石井GMは「慢性的なもので突然、起きたものではない。本人のために行う。メンテナンスの意味合いがある手術になる」と説明した。

 則本昂はルーキーイヤーの2013年から6年連続で2桁勝利を挙げており、今季も開幕投手の有力候補だった。