記事詳細

【中山徹 俺にも言わせろ】開幕戦V! 比嘉は強気でプレッシャー乗り越えた (1/2ページ)

 国内女子ツアー開幕戦で、最も強気のプレーをするのは誰か。先週はそう締めくくったのだが、優勝したのは地元、沖縄県出身の比嘉真美子だった。

 3日目を終えた時点で、2位に7打差をつけての単独首位。無難にプレーすれば勝って当然という大差ながら、最終日は地元優勝のプレッシャーが吹き出したようなゴルフに陥った。

 前半を2オーバーでサンデーバックナインへ。13番でダブルボギー、そして15、16番での連続ボギー。大差が僅差となったのを見て、俺はこれまで数万回も自問自答してきた問いを改めて考えた。

 なぜ、プレッシャーで自分のゴルフができなくなってしまうのか。

 そして、レギュラーツアー時代のエピソードを思い出した。

 同組の若手選手が優勝争いに加わっていて、勝負ホールを迎えたときのことだ。ドライバーをブン回してクロスバンカーを越えれば、ウェッジでピンを狙える。だが、その若手は手堅くレイアップし、2打目はグリーンに乗せたものの、結局パーに終わって勝利を逃した。

関連ニュース