記事詳細

イチローが圧倒的1位! 平成を代表するスポーツ選手ランキング

 平成の時代に関する世論調査で、平成を代表するスポーツ選手は、米大リーグで活躍したイチロー(45)が圧倒的な1位だった。1930人の回答者のうち912人が、日米で安打を量産し続け、現役引退を表明したばかりのスーパースターを挙げた。2位はフィギュアスケート男子で五輪連覇中の羽生結弦(24)、3位は同女子で活躍した浅田真央(28)が入った。

 上位20選手は別表の通り。年代別では29歳以下だけが1位羽生、2位イチローとなったが、30代以上はいずれもイチローが羽生を抑えてトップだった。

 4位の女子テニス、大坂なおみ(21)や6位の米大リーグ、大谷翔平(24)ら近年に活躍した選手が上位に入るなか、8位に大リーグのパイオニア、野茂英雄(50)、サッカー界でトップの9位に52歳で現役の三浦知良が入った。

 「チョー気持ちいい」競泳の北島康介(36)、2001年夏場所で「痛みに耐えて」優勝した貴乃花(46)もランキング入りした。

 共同通信社が2~3月、平成の時代に関する郵送世論調査(3000人対象)を実施した。(敬称略)

関連ニュース