記事詳細

【田代学 ダッグアウトの裏側】米大リーグ順位予想! ア東地区はヤ軍とレ軍の争い、ナ中地区・カブス優勝の鍵はダル次第か (1/2ページ)

 毎年恒例の米大リーグの順位予想が、今季は開幕後になってしまった。日本開幕シリーズの話題を優先させたので、ご容赦ください。

 ア・リーグの東地区はヤンキースとレッドソックスの争いになるだろう。破壊力のある打線はほぼ互角。レ軍は8年連続30セーブ以上のキンブレルと再契約せず、ブルペンに不安が残る。投手陣で差が出ると見た。

 中地区はインディアンスの4連覇が濃厚。視察したサンスポ専属評論家の小早川毅彦さんも紙面で、「練習から雰囲気が違った」と戦力の充実ぶりを証言していた。ツインズが台風の目か。

 西地区は一昨年の世界王者・アストロズに独走の気配が漂う。マリナーズの菊池は、新人王を十分に狙える。

 ナ・リーグ東地区はフィリーズが本命。フリーエージェント(FA)の目玉だったハーパーだけでなく、捕手のリアルミュートを獲得したのが大きい。昨季34本塁打の右打者・ホスキンスと同17勝のノラがまだ20代なのも魅力だ。

関連ニュース