記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】“令和ホームラン時代”突入! 問われる『日本版フライボール革命』の是非 「本塁打は売れるが現実」見方も (1/3ページ)

 NPB(日本野球機構)の本塁打増が止まらない。8日までに全12球団が9試合ずつを消化し、6日の6試合で22発が飛び交うなど、昨季を上回るペースで増産中。本拠地球場が狭くなったロッテが大幅に数を伸ばし、エース級投手の相次ぐ米大リーグ流出も要因とみられるだけに、手放しでは喜べない。元マリナーズ外野手のイチロー氏(45)が引退会見で表明した「日本の野球は頭を使う面白いものであってほしい」との願いにも逆行すると言える。一方で「本塁打増は観客動員増につながる」との見方もあり、賛否両論火花を散らしている。(江尻良文)

 大リーグでは“フライボール革命”と呼ばれる本塁打狙いの打撃が潮流となっている。7日のTBS系「サンデーモーニング」(日曜午前8時)に出演した球界ご意見番、張本勲氏(78)が日本プロ野球でも本塁打が増加していることについてこうまくしたてた。

 「毎年言ってるでしょう。球が飛び過ぎる。打者のファンは喜ぶか分からんけどね、投手を持っている親はたまったもんじゃない。ちょっと変えた方がいいんだけどね」

 実際、8日現在、セ・パ両リーグ計54試合を消化し119本塁打(1試合平均2・20本)。全858試合で1681本塁打(平均1・96本)をマークした昨季を上回るペースだ。

 特に顕著なのがロッテ。昨季は12球団ワーストのチーム78本塁打に過ぎなかったが、今季9試合で、トップのソフトバンクにわずか1本差の18本塁打。このペースでいけば、全143試合では昨季の3・7倍の286本に達し、2004年に巨人がマークした日本記録259本を上回る計算だ。

 内訳をみると、昨季26本塁打で日本ハムから移籍したレアード内野手(31)がリーグトップの6本を放っているのはともかく、昨季8本の中村奨吾内野手(26)が早くも5本、昨季0の加藤翔平外野手(28)が4本も量産しているのには驚かされる。

関連ニュース