記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小祝さくらが距離感に悩むゴルファーに伝授! 1~2メートルのパッティングは「真っすぐ長く押し出す」 (1/2ページ)

 プロ、アマを問わず、「ここは決めたいというパットが入るかどうか」が、スコアに大きく影響するのは皆さんもご存じの通り。ショットが好調でビシッとバーディーチャンスに付けても、パットが外れればすべて台無しになってしまいます。

 特に、1~2メートルの、いわゆる「入れごろ、外しごろ」の微妙な距離を外したときはガッカリ度が大きいもの。トーナメントでもそういうパットを外すとなかなか波に乗っていけなくなって、その後のプレーにも大きな影響を及ぼすことがあります。

 微妙な距離を沈めるために、プレーヤーはそれぞれ工夫していると思うのですが、私がいつも心がけているのは、インパクトからフォロースルーにかけて、パターのヘッドをターゲットに向かって“真っすぐ長く押し出す”ことです。

 そうすることによって、球の回転が良くなって転がりが安定して伸びる球になり、方向性も良くなるからです。

 また、“真っすぐ長く”を意識することで肩の動きで行うショルダーストロークも安定し、ストロークそのものが滑らかになるという利点もあります。

 もともと私は、インパクトでヘッドを止めてしまうクセがあるので、“真っすぐ長く”の効果は絶大なわけですが、アマチュアゴルファーの中にも私と同じようなミスを犯している人が多いはず。