記事詳細

巨人・原監督、疑心暗鬼「投手の癖バレた…」 ヤクルト陣営は猛反論 (2/2ページ)

 畠本人も「『ここは直せるんじゃないか』というのを教えてもらった」と癖の修正を指導されたことを明かす一方で、炎上の理由は「癖だけじゃないと自分では思っている。制球とか改善していかないと」とも話した。

 果たして原監督の「癖バレ説」は核心を突いているのか。それともヤクルト側が反論するように、自軍投手陣が打たれすぎて疑心がわき、ありもしない因果を見いだそうとしているだけなのか。今後、巨人とヤクルトによる“東京シリーズ”から目が離せない。(笹森倫)

関連ニュース