記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】「恐怖心」と「ボールの見過ぎ」が失敗を引き起こす (1/2ページ)

★アプローチ ダフり&シャンク編

 ダフる人の多くは、右過ぎるボール位置、ハンドファースト、手が伸びずに体が左や地面に突っ込む動きが原因になっていることが多いです。

 ダフらないためにやっていることが、逆にダフりを引き起こしているのです。自分ではそんなつもりはないでしょうが、友達に動画を撮ってもらえば分かるでしょう。現実を知り、原因が分かれば、改善することは難しくありません。

 まずは、ボール位置を左へ動かしましょう。そして手元がクラブヘッドより飛球線後方にあるハンドレートにポジションを取り、スイング中はキープしてください(写真〔1〕)。

 「そんなことをしたらなおさらダフる!」「トップしてしまう!」と感じるかもしれませんが、恐怖心にさいなまれて挑戦しないことが、あなたの技術向上の壁となっているのです。

 さらに、切り返しからダウンスイングに入る瞬間には、素早く右手首と右肘を限界まで伸ばし、体も左へズレないようにその場で回転するようにしてください。

 シャンクがダフりと親戚関係にあることはご存じですか。

 ボールを見過ぎてインパクトで体がボールに近寄るように沈み込む。ハンドファーストに当てようと、インパクトからフォローでフェースをターンさせない癖をつけようとする。このような動きはダフるだけでなく、シャンクにもつながるのです。

関連ニュース