記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】アプローチでトップしてしまう人は…頭を残して最後までボールをよく見る (1/2ページ)

★アプローチ トップとチョロ編

 自分のことを一番分かっていないのは自分、というのがゴルフの現実なのかもしれません。

 僕はプロのコーチとして自分の指導する選手の試合は観に行きます。いくら本人から話を聞いても、現実は違う場合が多いからです。

 プロでさえ練習、コース、試合という3段階の異なる自分がいます。必死になって一生懸命にゴルフに取り組む真面目な人ほど、そうなる傾向が強いものです。

 プロにとってはゴルフが仕事ですが、結果は望んで得られるものではなく、あくまでご褒美と考えた方がいいかもしれません。アマチュアの人たちのように楽しくプレーできる方法を考えつつ、今この瞬間に何をすべきなのかを考えることが大事なのです。

 異なる自分がいるということを認識した上で、今回はトップとチョロについてです。

 アプローチでトップしてしまう人は、インパクトで腹筋から力が抜けています。その結果ボールの行く先が気になってしまい、腰の前傾角度が変わり体が伸び上がってしまうのです。そのような時は頭を残せばよいのですが、一度地面に当たった後に地面に弾かれてトップすることも考えられます。

関連ニュース