記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小鯛竜也「ボールが正しい位置なら大きなミスは起こらない」 (1/2ページ)

 プロとアマチュアとではどこが違うのか?

 センス、練習量、体力の違いが挙げられたりしますが、僕が最も気になるのはアドレスの再現性です。

 基本的にプロは、いつも同じ位置にボールを置き、目標に対して正しい向きに体をセットして構えます。しかし、“アベレージゴルファー”といわれるアマチュアの場合は、ほぼ平らなところに自分でセットして打つドライバーショットでさえ、ショットのたびにボールの位置が微妙に変わるし、体の向きもズレていることが多いような気がします。

 特に注意してほしいのがボールの位置です(写真〔1〕は正しいボールの位置)。

 もし、このボールの位置がズレていたらどうなるか?

 たとえばアイアンショットで、〔2〕のようにボールを右に置き過ぎてしまうと、あおるようなスイングになってしまい、ボールにエネルギーが伝わらないだけでなく、インパクトでフェースが開いて方向性も安定しません。

 また、ボールを右に置き過ぎると、構えたときに肩のラインが右を向いてしまうので、自分でも右を向きすぎているように感じてしまい(〔3〕)、その結果、左向きの構えになってしまう(〔4〕)ことがよくあります。

 このようにアドレスの時点で正しい方向を向いていなければ、イメージした方向にボールを運ぶことはかなり難しくなります。

関連ニュース