記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小鯛竜也も実践「正しい構えのチェック法」 2本のスティックでボールの位置確認 (1/2ページ)

 プロゴルファーがアマチュアゴルファーと最も大きく違うのはアドレスの再現性です。基本的にプロは、いつも同じ位置にボールを置き、目標に対して正しい向きに体をセットして構えます。

 しかし、それは、「プロだからできる」というものではありません。どんなレベルの人でも練習をすればできるようになるし、我々も毎回正しいアドレスをするために日々、練習を積んでいるのです。

 そこで今回は、僕が練習時に必ずやっている、正しく構えるためのチェック法を紹介しましょう。

 まず飛球線に平行にスティック(a)(クラブでも可。以下同)を置き、そのスティックに直角に交わるようにもう1本スティック(b)を置きます。そして、スティック(b)に対して足をそろえて立ち、ヘッドをスティック(b)の延長線上に下ろします(写真〔1〕)。

 このようにクラブをセットすると、クラブが体の中心に来るようになりますが、これがクラブを置く位置の基本で、そのヘッドに対してボールの位置が決まります。

 なお、これは目標に対して真っすぐを確認する練習も兼ねているので、スティック(a)は斜めに置いたりせず、練習場のマットの縁に対して平行になるように置くようにしてください。

 次に左足をスティック(b)から1足分左にずらし(〔2〕)、そのあと右足を開きます。これでアドレスは完成です(〔3〕)。他のクラブでも左足を1足分左にずらすところまでは同じ。異なるのは、右足の開きが広くなったり狭くなったりするだけです。

関連ニュース