記事詳細

なでしこ高倉監督に「解任論」噴出! 不可解な選手選考&采配に疑問の声 致命的な人材不足…後任はノリさんだけ!? (3/3ページ)

 田嶋幸三会長(61)は「東京五輪で男女メダル獲得」を目標に掲げ、高倉監督就任にあたっては「なでしこジャパンを一番勝たせる可能性のある監督」と断言していたが、当初のもくろみから遠ざかっている。

 しかも“ポスト高倉”は致命的な人材難。火中の栗を拾うのは、2011年W杯ドイツ大会でなでしこを初の世界一に導き、15年カナダ大会でも決勝進出(準優勝)を果たした前任者、佐々木則夫氏(61)ぐらいしか見当たらない。佐々木氏は現在、田嶋会長の肝いりで日本協会理事を務めている。

 ちなみに一般のサッカーファンからは、今回フジテレビの解説として現地入りしている澤穂希さん(40)、現役引退を発表した宮間あやさん(34)らの代表監督就任を待望する声も上がっているが、2人はまだ代表監督就任に必要な「S級ライセンス」を取得していない。

 なでしこの次戦は、日本時間14日午後10時開始予定のスコットランド(FIFA20位)戦。さらに同20日午前4時開始予定の強敵イングランド(同3位)戦が控えている。

 1次リーグは各組2位以上なら自動的に決勝トーナメントへ進出。3位でも6チームのうち成績上位4チームが次へ駒を進めることができる。

 なでしこの戦いはここからが本番。もちろん、挽回のチャンスはまだまだあるわけだが、最近2大会連続で決勝に進んでいるだけに、中途半端な成績では許されない。

関連ニュース