記事詳細

【ココリコ遠藤章造 プロ野球独り言】交流戦「パ・リーグは逆の手で投げる」くらいハンデ欲しい… (1/2ページ)

★(6)

 令和に入り、プロ野球も一層盛り上がってきました。そして、いよいよ日本生命セ・パ交流戦が始まりました。

 わが阪神タイガースは13日現在、9試合を消化し4勝4敗1分けで12球団中6位ですが、正直言って今年もパ・リーグにボコボコにされるのかと…。

 交流戦の時だけパ・リーグは2軍のメンバーだけで戦うとか、セ・リーグに3点くれた状態で始まるとか、ピッチャーは1、3、5、7、9の奇数回は逆の手で投げるとか、バッターは2、4、6、8の偶数回は逆の打席で打たないといけないとか…(笑)それくらいハンデが欲しいほどのパ・リーグの強さ。

 これでも今は18試合で、その昔は36試合ありましたからね。それでも個人的には交流戦、嫌いじゃないです。普段あまり見ないパ・リーグの選手をしっかり実戦で見られるので楽しみです。

 大阪桐蔭時代に藤浪とバッテリーを組んでいた森のバッティングや(しかし藤浪は何をしてるんだ…涙)、山川のホームラン、千賀のピッチング、松井の奪三振ショー…どれも真剣勝負で見られる。これは楽しみです。

 この交流戦こそ、優勝しなくとも5割、いや少しでも貯金をしてくれれば、後半のペナントレースを優位に戦える。

関連ニュース