記事詳細

伊調馨、五輪5連覇大ピンチ! 川井梨紗子に完敗… “蜜月”コーチとは会場で甘~い昼食 7・6運命のプレーオフ (1/3ページ)

 レスリング世界選手権(9月=カザフスタン)の代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権の最終日が16日、東京・駒沢体育館で行われ、女子57キロ級決勝では前人未到の五輪5連覇を目指す伊調馨(35)=ALSOK=が、2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=に4-6で敗れた。代表争いは7月6日のプレーオフ(埼玉・和光市総合体育館)に持ち込まれた。崖っぷちの“絶対女王”は、ともにパワハラ被害を受けたとされる田南部力コーチ(44)と相変わらずの二人三脚で乗りきろうとしている。

 昨年12月の全日本選手権で優勝している伊調にとっては、勝てば世界選手権の代表に内定する一戦だったが、川井梨の圧力に屈し“逆王手”を許した。

 「最初に組み合ったときに圧を感じた。前に出る勇気が出なかった。前半は気持ちで負けていたと思います。すぐに反省をして、修正しないと。落ち込んでいるヒマはないので」

 伊調は淡々とした口調に悔しさをにじませた。全日本選手権の決勝と同じ顔合わせだったが、残り10秒で逆転タックルを決めた半年前の再現はならなかった。

 第1ピリオドは互いに慎重に見合い、伊調が消極的として30秒間のアクティビティタイム。1点先取を許し、第2ピリオドには川井梨のタックルを受けてバックを取られ、一時0-5とリードを許した。終盤攻勢に出てカウンターからバックを取るなど反撃したが、及ばず。最終決着は3週間後のプレーオフにもつれ込んだ。

関連ニュース