記事詳細

久保建英、東京五輪OUT!? 南米選手権・チリ戦での活躍で評価急上昇も…代表招集強制できず、レアルとの交渉難航は必至 (1/3ページ)

 皮肉にもスペインの名門レアル・マドリードへの移籍決定が、18歳MF久保建英の東京五輪出場を阻む障害となりそうだ。久保は南米選手権(ブラジル)で1次リーグC組のチリ戦(17日=日本時間18日)に先発しフル出場。18歳13日で日本代表の公式戦最年少出場記録を更新した。試合は0-4の惨敗だったが、90分間で26本のパスを通し、9本のドリブル突破を演じた久保の評価は急上昇。活躍すればするほど、レアルが来年の東京五輪派遣に難色を示す可能性は高くなる。(編集委員・久保武司)

 惨敗の中でも、18歳は紛れもなく日本代表の“主役”を務め、一筋の光明となった。前半11分、相手MFプルガルと対峙し、あっさり股を抜くと、そのままドリブルで驀進。これには普段辛口で鳴る各スペイン紙も“あっぱれ”を連発した。

 0-2で迎えた後半20分には、2人をかわして得意の左足でシュート。しかし外側からサイドネットを揺らすにとどまり、両手で地面をたたいて悔しがった。

 久保は試合後、「(ドリブルでは)何も考えず(相手を)すらすら抜ける」、「(シュートを)決めていれば、こっちの時間帯だった」と強気なコメントを並べた。

 森保一監督(50)も久保に関しては「相手の守備を混乱させるだけのプレーはした」と評価。久保だけはFIFA(国際サッカー連盟)ランキング28位の日本にあって、同16位の南米の雄チリに対して貫禄負けするところはなかった。

関連ニュース