記事詳細

巨人・丸、広島・長野…両チームの“明暗”くっきり (2/2ページ)

 4月17日の広島戦(熊本)では、8回に一時勝ち越しの2ラン。ところがこの一発が、昨季までの同僚たちの闘志をかき立ててしまい、9回の逆転負けを招いた。開幕から負けが込んでいた広島は、この試合を契機に怒濤の快進撃。だがもはや当時の勢いは消えうせ、今回の3連戦は自力V消滅の瀬戸際だ。丸が古巣に引導を渡すのか。(笹森倫)

関連ニュース