記事詳細

【ぴいぷる】元テニスプレーヤー・杉山愛、34歳から始めた自分探しの旅 自分は一体何がしたい…願いを書いた「マイウィッシュリスト」 (1/3ページ)

 大坂なおみ(21)が、先のウィンブルドン(全英)シングルスで初戦敗退。世界1位返り咲きをねらってのグランドスラムだっただけに、女子テニス界に衝撃が走った。

 「自分でも理解できないくらいの緊張感。目に見えないものがのしかかって、コントロールできなかったのでしょう。これも彼女が通らなければならない道ですから」

 自らもシングルス世界8位、ダブルスでは1位という輝かしい記録を持つレジェンド。コート上での選手の心境が痛いほど分かるのだろう。

 「体格にも恵まれているので大坂選手のポテンシャルなら、実力さえ発揮できれば、女王として十分君臨できます」

 現役時代、パワーテニスの時代を勝ち抜くために、ストレッチや呼吸法から始まる33のルーティンなど人一倍ハードなトレーニングをこなし、グランドスラムのシングルス62回連続出場の世界記録も樹立した。

 それが原因なのか、引退後、予想外の反動に襲われる。

 「テレビのコメンテーターや講演活動など仕事が仕事を呼び、気が付けばジッとしていても天井がぐるぐる回るような症状が現れました。自分は一体どこに向かっているのか。心も体もバラバラでした」

 原因不明の不調にさいなまれるなか、現役時代から10年以上付けていた日記の中に脱出のヒントを見つける。

 「現役時代は日記を書くことで自分と向き合っていました。気持ちや体調の変化を知り、それが試合に向けてとても役に立ちました。自分は一体何がしたいのか-。自分に問いかけるような気持ちで書き始めたのが『ウイッシュリスト100』(人生で実現させたい100のリスト)でした」

関連ニュース