記事詳細

【緊急連載 渋野日向子スマイルのルーツ】小6時代の担任が明かす「努力の天才」渋野日向子 授業で活躍「裏で何回も練習して成し遂げるタイプ」 (1/3ページ)

 ゴルフの「AIG全英女子オープン」で日本勢42年ぶり2人目のメジャー勝利を果たし、9日から凱旋試合の「北海道meijiカップ」(札幌国際CC島松C)に出場している渋野日向子(20)=RSK山陽放送。自然体の立居振る舞いが印象的だが、その実像はまさに「努力の天才」だ。小学6年生時の担任教師だった徳永加世子さん(41)が知られざる秘話を明かした。(山戸英州)

 いま、メディアを通して“しぶこスマイル”を見ない日はない。誰もがその笑顔に癒やされている。

 「世間の日向子ちゃんのイメージは、ニコニコしていて、あっという間に、簡単に優勝をつかんだというものかもしれません。でも、私が知っている小学校時代の彼女は、器用というより“努力の人”。(全英女子の優勝も)まさかというより、“あの努力をしていれば、いずれ大きな結果が出てもおかしくない”と思っていました」

 徳永さんはそう言って、渋野の小6当時に思いをはせた。

 体格もよく、パワーもあった。「授業でタグラグビー(ラグビーのルールをもとにした年少者・初心者向けの球技)をやらせても、ブルドーザーが走るような活躍でしたが、裏では何回も何回も練習して成し遂げるタイプでした」という。

 当時の渋野はソフトボールに熱中し、投手として上達しようと必死。「1年中、毎日のようにお父さんが帰宅してから2人で放課後の校庭にやってきて、そこから暗くなるまでずっと投球練習。お父さんが来られないときは、お母さんが相手をされていました。真夏でも、寒い冬でもお構いなし。長期休み中でも変わりませんでした。私はそれを職員室で仕事をしながら“当たり前の光景”としてみていました。全英女子で優勝したのも、あの時を“原点”として忘れなかったのが大きいのではないかな。だから、『あの子が?』というよりも『そりゃあ、当然よ』と思いました」とうなずく。

関連ニュース